TOP > 結束力
 ← 今日も… | TOP | ちょっと遅いけど日本代表ありがとう!!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 結束力 

2010年07月14日 ()
読んで非常に感銘を受けたので転機してみました。


“チーム”の結束力を垣間見た
 「チーム」という言葉を辞書で引くと、共同で仕事をする一団の人…とある。プロ野球はチームで戦っている。監督、選手だけではなく、雑用をこなす裏方スタッフや試合運営、チケット販売に携わる球団職員まで、すべて含んでの「チーム」。4年で3度のリーグ制覇を果たし、すっかり常勝軍団となった日本ハムは、素晴らしい結束力を持った「チーム」だと思う。

 今シーズンが始まってしばらくしたころ、ある女性球団スタッフが大病を患った。すぐに手術が必要だった。休職し、無事に手術を受けたが、1度の処置で完治させるのが難しく、すぐに再手術が必要になった。短期間に2度の手術。暗い病室のベッドから天井を見上げると、迫り来る不安と恐怖に押しつぶされそうになった。また手術が成功したとしても、体力的な不安があり、復職することは絶望していた。

 手術前日、病室に1枚のユニホームが届けられた。そこには余白がないほどびっしりと、選手のサインが書いてあった。全員分あった。「一緒にがんばりましょう」。メッセージも添えられていた。このスタッフの希望もあり、闘病生活のことは選手に伏せられていた。しかし、別の職員との会話でそのことを知った選手会長の田中らが中心となり、全選手のもとをまわってサインを集め、病院へ届けた。田中や稲葉、また梨田監督は「病室で着られるように」とパーカーなどの私物や直筆メッセージもプレゼントしたという。

 驚きと感激。スタッフはベッドで涙を流した。「本当にうれしかったです。(選手は)知らないと思っていましたし。みなさんの気持ちがうれしかった」。孤独な戦いだと思っていた自身の手術には、たくさんの味方がついていた。翌日、手術は無事成功した。この職員は現在、再び「チーム」に戻り、選手たちとともに戦っている。

 田中は「“あれくらい”のことで元気になってくれるなら」と言った。確かに特別難しいことをしたわけではない。だが、シーズン中に、選手全員にサインやメッセージをお願いすることは「あれくらい」という言葉で片付けられるほど簡単なことでもないと思う。移籍1年目の選手や、外国人選手も、事情を説明されると率先してペンを走らせたと聞いた。ホームランを連発する大スターはいなくても、全員野球で勝ち続ける日本ハム。強さの一端を垣間見たような気がした。

(本間翼)


日刊スポーツのコラム ハム番日記からの転記です。

こんな人達の応援が出来てボクも幸せです。

当たり前の事を当たり前に・・・・・・

こんな大人が増えるといいな

スポンサーサイト
[2010.07.14(Wed) 19:43] 日ハム日記Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 今日も… | TOP | ちょっと遅いけど日本代表ありがとう!!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://nipponham.blog98.fc2.com/tb.php/368-aa3fc4ca
 ← 今日も… | TOP | ちょっと遅いけど日本代表ありがとう!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。